季節のおはなし バックナンバー

3紫外線対策スタート!

まだ春のはじめなのにもう日やけの心配をはじめるの?

そうなんです、この季節、日ざしはやわらかいものの紫外線量は上昇中。
短時間でも肌表面をやく紫外線B波は12月の2倍近く、じわじわと肌の奥まで届く紫外線A波は真夏の約7割の量が地上に届いています。
これからぐんぐん増えていくので、春先から気をつけましょう。

小さいころから紫外線対策って必要なの?

春は、なにかとお出かけが多くなる季節。
赤ちゃんの肌が、無防備に紫外線を浴び続けてしまうとその影響が、何十年も後に現れてくることも。
また、直接、日に当たらなくても、窓ガラス越しに通り抜けてくる紫外線もあるので要注意。
肌の表面をヒリヒリさせたり、黒くさせたりします。
まだ発達途中の赤ちゃんの肌をすこやかなまま守るためにも、今から早めの対策を!

たのしく肌トーク!のコツ 防ごう、うっかり日やけ

お化粧で、紫外線対策ができているママとちがって素肌で毎日をすごすのが当たり前の赤ちゃん。
その、まだデリケートな肌に、紫外線をそのまま浴びてしまうのは、ほんとうに心配です。
赤ちゃんの肌は、乾燥しやすく、外部の影響を受けやすいので肌を守るための「日やけ止め」を使いましょう。
帽子や長袖の衣服で日ざしを遮って、肌を守ってあげることも効果的です。

紫外線や乾燥から肌を守る、ドゥーエ ベビー プラスの
「UVプロテクトミルク」は、赤ちゃんの肌を考えた日やけ止め。

  • のびのよい乳液タイプ。
  • ノンケミカル処方なのに、白く残らず、すぐ透明に。
  • 洗うときのことを考えて、落としやすさも工夫しています。

未来の肌を守るためにも、さっそくはじめましょう。
春からも肌トークで、ハッピーな時間を♪

紫外線情報について、もっと詳しく知りたい方は

ページの先頭へ戻る

ドゥーエ

ドゥーエ ベビー プラス

取扱医療機関および
製品に関するお問い合わせは下記まで。

0120-22-6065 平日9時00分~17時00分

ページの先頭へ戻る