季節のおはなし
6月・梅雨どきの肌って?(1)

今日は晴れていないから紫外線対策しなくていいでしょ?

意外と勘違いしやすい、くもりや雨の日の紫外線対策。日ざしが直接感じられない時でも、イラストのように日中の紫外線が0なわけではありません。しかも、1年のうちで紫外線の強さがいちばん強くなるのが6月なので、くもっていても油断大敵。サンスクリーンは晴れた日専用のもの、と思ってしまいがちですが、くもりや雨の日もきちんと塗って守りましょう。
晴れの日の紫外線を100とした時の割合。晴れ:100%、曇り:約65%、雨:約20%

→Next

MEMO「1日の中で紫外線が強い時間帯はいつ?」 Click!

1日の中で紫外線が強い時間帯はいつ?

1日の中で紫外線が強い時間帯は、午前9時過ぎから午後3時ごろまで。ピークは真昼です。外出するときは気を付けましょう。

Close

たのしく肌トーク!のコツ 守るケア、洗うケアのポイント

バックナンバー

ページの先頭へ戻る

取扱医療機関および製品に関するお問い合わせは下記まで。

0120-22-6065 平日9時00分~17時00分

取扱薬局を探す(マルホ株式会社のウェブサイトを表示)