季節のおはなし バックナンバー

6梅雨どきの肌って?

今日は晴れていないから紫外線対策しなくていいでしょ?

意外と勘違いしやすい、くもりや雨の日の紫外線対策。
日ざしが直接感じられない時でも、イラストのように日中の紫外線が0なわけではありません。
しかも、1年のうちで紫外線の強さがいちばん強くなるのが6月なので、くもっていても油断大敵。
サンスクリーンは晴れた日専用のもの、と思ってしまいがちですが、くもりや雨の日もきちんと塗って守りましょう。

Memo「1日の中で紫外線が強い時間帯はいつ?」 Click!

毎日じめじめ、湿気が気になる季節。気をつけることは?

梅雨の時季は、気温と同時に湿度も高いため、大人もべたべた感が気になりますよね。
もともと汗をかきやすい赤ちゃんは、きっともっと不快。
かいてしまった汗はそのままにしておくと肌トラブルにつながりやすいので、シャワーで流したり、タオルで拭いたりして、清潔に 保ってあげましょう。
さっぱりした後は保湿も忘れずに。

たのしく肌トーク!のコツ 守るケア、洗うケアのポイント

梅雨どきのくもりの日でも、紫外線対策を。
室内で過ごすときも、ガラスを通り抜けてくる紫外線(UV-A)があるので、いつでもサンスクリーンで守っておくことが大切です。

また、湿度が高く、汗をかきやすくなっています。
かいた汗をそのまましないこと。顔やからだだけでなく、頭も汗や熱がこもりやすい部分。髪の毛を洗うのはもちろん、頭皮まできちんと洗ってあげましょう。
清潔な肌になったら、保湿してからお着替えを。
汗を吸い取りやすい綿素材の肌着を選ぶことも、夏の肌には大事なポイントです。

しっかり
守って
さらさらしっとりのサンスクリーン UVプロテクトミルク
きちんと
落とす
すっきり洗えて
つっぱり感ゼロ ソープ
リンスなしでも
髪さらさら 泡シャンプー

雨が続くと、外に出る機会が減ってしまいがち。そんなとき、お部屋でのスキンケアやシャワータイムでの肌トークが、いい気分転換になりそう。ママも赤ちゃんも、楽しく過ごしてくださいね♪

ページの先頭へ戻る

ドゥーエ

ドゥーエ ベビー プラス

取扱医療機関および
製品に関するお問い合わせは下記まで。

0120-22-6065 平日9時00分~17時00分

ページの先頭へ戻る