季節のおはなし
7月・夏肌の落とし穴(1)

どうしよう!お出かけで日やけしてしまった。

夏はお出かけ、レジャーなど家族で思いっきり楽しめるチャンスがいっぱい。帽子や長袖、サンスクリーンで気をつけていても、つい夢中になって日やけしてしまうことも。そんなときは、まず十分に冷やすこと。日やけは一種のやけど状態なので、熱をもっている部分に冷やしタオルをあてるなどして、落ち着かせましょう。ヒリヒリ感やほてりがおさまってから、保湿をして肌のうるおいを保ちます。ただし、痛がっている、赤みが強いなど、症状がひどい場合は、早めに皮膚科専門医で診てもらいましょう。
冷やしたタオルで肌を落ち着かせましょう!

→Next

MEMO「知っておこう、紫外線の反射率」 Click!

知っておこう、紫外線の反射率

芝生:反射率1~2%、コンクリート:5~6%、乾いた砂:15~20%、水面:10~100%、雪面:80~95%

Close

たのしく肌トーク!のコツ 真夏を楽しむ、日やけ対策

バックナンバー

ページの先頭へ戻る

取扱医療機関および製品に関するお問い合わせは下記まで。

0120-22-6065 平日9時00分~17時00分