湿度コンシャスになろう!全国の湿度はそれぞれどのくらい違うでしょうか?それぞれの県をクリックすると最新の湿度データが表示されます。

 

あなたの街の湿度

 

 

  • 北海道
  • 青森県
  • 岩手県
  • 宮城県
  • 秋田県
  • 山形県
  • 福島県
  • 茨城県
  • 栃木県
  • 群馬県
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 東京都
  • 神奈川県
  • 新潟県
  • 富山県
  • 石川県
  • 福井県
  • 山梨県
  • 長野県
  • 岐阜県
  • 静岡県
  • 愛知県
  • 三重県
  • 滋賀県
  • 京都府
  • 大阪府
  • 兵庫県
  • 奈良県
  • 和歌山県
  • 鳥取県
  • 島根県
  • 岡山県
  • 広島県
  • 山口県
  • 徳島県
  • 香川県
  • 愛媛県
  • 高知県
  • 福岡県
  • 佐賀県
  • 長崎県
  • 熊本県
  • 大分県
  • 宮崎県
  • 鹿児島県
  • 沖縄県
  • 北海道
  • 岩手県
  • 新潟県
  • 東京都
  • 大阪府
  • 広島県
  • 愛媛県
  • 福岡県
  • 沖縄県

オフィス内の湿度は

 

湿度って?

一般的に湿度といわれるのは相対湿度のことを指しています。相対湿度とは、「水蒸気量とそのときの気温における飽和水蒸気量との比を百分率で表したもの」。(気象庁HPより)
わかりやすく言うと、【空気中に含まれる水分の量の割合】のことです。

同じ温度でも湿度によって感じ方が変わるってご存じですか?湿度が高いとあたたかく、湿度が低いとさむいと感じます。
なので湿度が高い夏はより暑く感じ、それとは反対に冬は気温が低い上に湿度も低いので一層寒く感じるんですね。

現代ではエアコン、都市部のアスファルト化の影響もあって乾燥した環境ですから肌ダメージを受けやすく、年間を通じて湿度を意識することが大切なんですね。

肌と湿度の関係って??

湿度が低いと、肌は乾燥状態にさらされ、水分が奪われて肌の働きや状態が不調になります。
そのまま不調が続くと、乾燥から肌を守る力[バリア機能]が十分発揮されず肌あれ状態を悪化させてしまい、悪循環に陥ります。

これは肌トラブルのない状態では関係ないでしょうか?答えはNO。湿度がある一定値を下回ると、健康な肌状態でも水分が奪われやすくなる、という研究結果もあるそうです。

敏感肌や肌トラブルのある状態、肌機能が未成熟な赤ちゃんの肌にとっては外部環境の影響はより大きいといえますね。

ページの先頭へ戻る

取扱医療機関および製品に関するお問い合わせは下記まで。

0120-22-6065 平日9時00分~17時00分

取扱薬局を探す(マルホ株式会社のウェブサイトを表示)