汗かいてムズムズ、暑くて肌ベタベタ

皮ふの表面温度は外気温によって変化します。体温はほぼ一定に保つための仕組みがありますが、皮膚は外部環境の影響をうけます。皮ふ温があがると、当然汗や皮脂の分泌も多くなり、ベタベタしやすくなります。それだけではなく、夏は紫外線やエアコンといった肌の乾燥を進ませてしまう環境です。夏の肌環境は過酷そのものです。

気温の上昇による肌変化

細かいミストのひんやり感

気温が高くても、ひんやりした風や日陰は気持ちいいですよね。肌の表面でもお手入れでひんやり感を感じることができるんです。

肌から熱を奪う気化熱の現象で、皮ふ温が下がるので保湿ミストを使用した肌はひんやりを感じることができます。さらにこのミストは角層のうるおいを保ってくれる保湿成分が入っているので使った後もつっぱりません。

水道水はうるおいにならない?!

水でも肌がひんやりして感じた経験をしたことがある方もいらっしゃるかもしれません。
確かに気化熱の現象は汗や水でも起こります。ですが、夏は乾燥しやすい環境なのでひんやり感と同時にうるおいを与えて保つことができるものを選びましょう。

汗をかくから、何もしたくない・・・けれどなんだか肌がむずむずする。それはかいてしまった汗に汚れやほこりが混じって肌へ刺激となっているのかも。
特に敏感な状態の肌は汗をそのままにしておくと、肌状態が悪化させてしまうこともあります。かいてしまった汗はこまめに拭いたりして清潔に。そしてその後は失ったうるおいをひんやり感と一緒にケアしてあげるといいですね。

ページの先頭へ戻る

取扱医療機関および製品に関するお問い合わせは下記まで。

0120-22-6065 平日9時00分~17時00分

取扱薬局を探す(マルホ株式会社のウェブサイトを表示)