Winter 冬を乗り切る!『保湿ケア』でうるおい肌へ

寒さが日に日に厳しく感じられる季節になりましたね。今年の冬も肌をすこやかに保つための乾燥対策を取り入れましょう

冬の肌を知ろう

冬の季節の特長といえば何でしょう?「寒さ」「乾燥」が思いつきます。
では、冬の肌はどうですか。「かさつく」「乾燥」「肌あれ」・・・。
そんなワードを浮かべる方も多いのではないでしょうか。
空気の「乾燥」によって肌の「乾燥」が一層すすんでしまう季節です。

乾燥した環境で過ごしていると、肌から水分が奪われていきます。うるおいが不足した肌は、肌表面(角層)の状態が乱れてバリア機能が十分に発揮されず、肌トラブルを起こしやすくなります。
肌は自らうるおいを生み出すはたらき[保湿機能]がありますが、角層の状態が不調だとその機能は十分に発揮されないため、乾燥状態を繰り返してしまい肌が敏感に傾いてしまうことも。
肌にとって、うるおいを保つためにも生み出すためにも、毎日のスキンケアの役割はとても重要です。

理想の肌のイメージがある赤ちゃんの肌ですが実は大人の肌よりずっと薄くてデリケート。水分量も皮脂量も少ない上にうるおいを保つ力もまだ十分ではありません。見た目はよいのですが、肌は乾燥しやすく外的刺激に弱いのが特長です。冬は大人も子どもも乾燥対策がマストです。かさつきやすい条件がかさなる冬は、過ごす環境にも気をつけたいもの。たとえば湿度。60%を切ると肌からうるおいが奪われやすくなるという研究結果もあるそう。
天気がよくて空気カラカラ。寒くてヒーターの出番が多い。私たちの生活環境は湿度がぐんぐん下がる時期。部屋の中で過ごす赤ちゃんは汗をかいていても拭いた後は保湿は欠かさず、忘れずに。加湿器などもうまく活用して部屋全体も肌もうるおいキープで過ごしてくださいね。

すこやか肌のための保湿ケア

冬は特に保湿を意識!肌のうるおいを保って肌の良い状態をキープしましょう。

肌にうるおいを与えること。
肌を清潔にしたら化粧水で水分や保湿成分をたっぷりと補います。そしてうるおいをキープするために乳液を重ねます。そうすることで、角層がうるおいで満たされた状態を保つことができます。
乾燥しやすい部分にクリームを重ねる、日中もこまめにうるおい補給をする、といったプラスケアは効果的です。
肌の状態は体調や天気、湿度などの変化に反応します。いつもより肌が敏感になってしまった時は刺激をできるだけ避けましょう。

point! 使い方と使用量をおさらいしましょう。

大人の顔の場合

化粧水
500円玉より少し大きめにたっぷりと。
(2eの場合はディスペンサー2~3回押し分が目安です。)
乳液
10円玉より少し大きめにたっぷりと。
(2eの場合はディスペンサー1~2回押し分が目安です。)
クリーム
パール粒 1~2個分

赤ちゃんの場合

赤ちゃんは体の大きさや月齢などに合わせて適量を使用します。
肌がしっとりとしているくらいを目安に。

保湿ケアにオススメ

  • 2e 化粧水
  • 2e 乳液
  • 2e クリーム
  • 2e Baby Plus ミルキーローション

季節のお手入れ

季節のお手入れ バックナンバー

  • 赤ちゃんの肌情報 季節のおはなし
  • 肌トーク ダイアリー

ページの先頭へ戻る

取扱医療機関および製品に関するお問い合わせは下記まで。

0120-22-6065 平日9時00分~17時00分

取扱薬局を探す(マルホ株式会社のウェブサイトを表示)