秋のお手入れ

じりじりとした日差しから少しずつ秋の気配を感じる日が増えてきます。朝や夜が過ごしやすくなってくると夏の終わりを感じますね。

夏に受けた肌ダメージのケアが大切

じりじりとした強い日差しが少なくなってくる秋は過ごしやすくなる一方で、これまで受けてきた夏のダメージが肌に蓄積している状態です。紫外線、冷房、汗など夏を過ごした肌は、乾燥が進んでいます。そのままにしていては敏感な肌の方だけでなくても、肌あれなどのトラブルを引き起こしてしまいます。

睡眠と肌の関係

これからの時期は秋の夜長、といわれるように日の出から日の入りの時間が短くなってきます。肌と睡眠の関係はさまざまな話がありますし、9月には睡眠の日というのもあります。季節などの変化が影響して肌状態が敏感に傾いてしまうことも起こりますから、毎日のスキンケアで肌のすこやかさを維持していくことは大切です。

また最近では、スキンケアと眠りの質についての関係の研究も進んでいます。

肌がカサカサ、ムズムズして、寝つきがよくなかったり。そんな肌悩みが秋からは増えてきます。よい眠りのために、スキンケアにできること。そんな可能性がありそうですね。

スキンケアのポイント

秋は夏に受けたダメージが肌に蓄積しています。肌をすこやかに保つためのスキンケアのポイントをご紹介します。

角層を育む【保湿・保護】

肌の最外層である角層はバリア機能と保湿機能を兼ね備えています。この働きは肌をすこやかに保つために非常に重要です。特にバリア機能が不調だと、肌は刺激を受けやすく敏感な状態に陥ってしまいます。すこやかな肌を保つためには水分と油分をきちんと補い、肌のうるおいを保つお手入れは欠かせません。

肌を清潔にする【洗浄】

清潔に保つことは肌の生まれ変わりを正常に維持する上でも重要です。汗や皮脂、ほこりなどの汚れをそのままにしておくと見た目が損なわれるだけでなく、肌トラブルを招く原因となります。これからは乾燥しやすくなりますから、うるおいを奪わずに汚れはきちんと落とすことが大切です。

2e(ドゥーエ)オススメアイテム

[こちらもチェック!]

季節のお手入れ

季節のお手入れ バックナンバー

  • 赤ちゃんの肌情報 季節のおはなし
  • 肌トーク ダイアリー

ページの先頭へ戻る

取扱医療機関および製品に関するお問い合わせは下記まで。

0120-22-6065 平日9時00分~17時00分

取扱薬局を探す(マルホ株式会社のウェブサイトを表示)