季節のお手入れ

初夏の肌、
清らかに健やかに。
今こそ『守る&洗うケア』

日ざしが強く、太陽が存在感を増してきたら、
夏はもう目の前。
ゴールデンウィークにはお出かけ気分も高まりそう。
夏に向けて、今から「守る&洗うケア」を
習慣にしましょう。

実は、選び方がポイント「守るケア」

この時季から半袖やサンダルなど、肌を出す機会も増えてきますね。日やけ止めを使って、きちんと紫外線対策を心がけている方も多いはず。

ところでみなさんは、日やけ止めをどのように選んでいますか?パッケージに表記されているSPFやPAの値も選ぶ目安のひとつ。
今年から紫外線A波を防ぐ効果を示すPAの最高レベルが「++++(フォープラス)」に引き上げられ、話題になっていますね。

ただ、必ずしもそれらの値の大きいものが最適とは限りません。日やけ止めを選ぶときのポイントには、このようなものもあります。

  • 肌にやさしい使い心地かどうか
  • 肌にのばしたときの感触や色は?
  • 紫外線をどのような方法でカットするか
  • きちんと落とせるか
  • 肌のうるおいが持続するか

例えば、肌あれやカサつきがあるときは、なめらかなつけ心地でうるおいが持続するタイプのものがよいでしょうし、肌の状態によっては紫外線吸収剤を避けたいときもあるでしょう。敏感肌の場合は、低刺激なもので毎日のスキンケアとして使い続けられるものを。また、赤ちゃんの肌に使うときは、落としたいときにいつもの洗浄料できちんと落とせることなども大切です。

日やけ止めには「紫外線を防ぐ」という共通要素の他に、それぞれの特長があります。洋服を着替えるように、目的やシーンにあわせて最適なものを選べるようにしておくといいですね。

守った後はきちんと落とす「洗うケア」

夏は代謝が活発になる季節。赤ちゃんもママもパパも、汗をたくさんかきますね。からだはもちろん、意外と頭も。特に赤ちゃんは小さなからだのわりに大人と同じくらい汗腺の数があるんです。汗をかいたらこまめに拭いてあげましょう。
1日を過ごしたら、肌にやさしい使い心地で、汚れをしっかり落とせる洗浄料でからだも頭も洗って清潔に保つことが大切です。そして保湿も欠かさずに。べたつかず、みずみずしくうるおいを与えてくれるものがいいですね。

気になる肌トラブルがあるときは、どんなスキンケアが自分にあうのかお医者さんや薬剤師さんに相談してみてはいかがでしょうか。

夏は太陽となかよくなったほうが
ハッピーな季節♪
紫外線を上手に防ぐUVケアの
ポイントをしっかり押さえて、
外遊び、外出を楽しみましょう!

ページの先頭へ戻る

ドゥーエ

ドゥーエ ベビー プラス

取扱医療機関および
製品に関するお問い合わせは下記まで。

0120-22-6065 平日9時00分~17時00分

ページの先頭へ戻る