お手入れステップ デリケートな肌のお手入れポイント

洗顔のポイント

  1. しっかり泡立てたあと、泡で包み込むように洗います。
    泡立てが少ないと、十分な洗浄効果が得られず、
    肌に負担をかけることがあります。

  2. すすぎ残しのないよう十分にすすぎます。
    また、熱いお湯での洗顔は皮脂を取りすぎ、
    つっぱりの原因となりますので避けてください。

  3. タオルで拭き取るときは、そっと押し当てるようにして
    水分を拭き取りましょう。

前髪の生え際・目元・小鼻のまわり・口もと・頬はすすぎ残しやすい部分です。

スキンケアのポイント

洗顔後の肌は、放っておくと水分がどんどん失われてしまいます。
洗顔・入浴後は化粧水で水分を補い、そのあと、乳液をなじませうるおいをたっぷり与えましょう。 とくに乾燥が目立つ部位にはクリームを重ねづけし、乾燥を防ぎましょう。 肌がデリケートな状態のときは、コットンを使わず両手のひらに広げてから、手のひら全体で肌を軽く押さえるようにして、やさしくなじませます。

目のまわりを大きく円を描くように、そして顔の中心から外側に向かってなじませます。

日やけ止めの使い方のポイント

  1. 日やけしやすい額・鼻筋・ほお骨はとくに念入りに。
    小鼻の脇、生え際、耳、うなじ、手の甲、腕の内側など、塗り忘れないようにしましょう。

  2. 汗をかいたりタオルで拭いた後などは、塗り直してください。

  3. メーキャップがくずれてきたら、ティッシュなどで軽くおさえ、日やけしやすい部位を中心につけ直し、
    その上からファンデーションを重ねづけしてください。

ページの先頭へ戻る

取扱医療機関および製品に関するお問い合わせは下記まで。

0120-22-6065 平日9時00分~17時00分

取扱薬局を探す(マルホ株式会社のウェブサイトを表示)